MOTOZIPライター募集に関して

アウトドアジャケットにもVFX-WRはよく似合う

MOTOZIPでは記事を書いていただけるライターさんを募集しております。どうもワールドウォークの番頭さん兼、MOTOZIP編集長の相京です。

運営会社のワールドウォークはバイクパーツを製造するメーカーで、中の人が細々とMOTOZIPを運営していました。みんなバイクが好きなのでバイクメディアを見るのは日課。

ですが基本的にメディアっていうのは広告で成り立っているので、広告を入れていないメーカーの製品はあんまり紹介しません。

例えばバイク用品メーカーの製品でなくても快適にバイクに乗るのに便利なアイテムは一杯あります。

ワークマンの防水防寒ウエア・イージスなんかは比較的個人のブロガーさんとかは取り上げるのが早かったけど、雑誌社はかなり浸透してから取り上げ始めましたよね。それでも継続して紹介しないのは「お付き合い」がないから。

僕はこの状態がおかしいと思って某メディアで「イージス」を取り上げた記事を書いたらメガヒットしました。

バイクメディアが取り上げない事こそ面白い!

ロゴスが電熱ウエアを発表

ロゴスの展示会はバイクでも使えるグッズが盛りだくさんでした!

僕らは一つ一つの記事を作るのにすごく時間を使っています。自分達で撮影した素材以外はあんまり使わないしライダーの目線で知りたい!知ってもらいたいって思う事があれば時間をかけて取材して記事を作っています。

なので更新頻度は低め。週に1記事か2記事ぐらい。2記事アップした週は燃え尽きているかもしれません。

僕らはなんのしがらみもないので知りたい事を調べて、使ってみたい製品を使ってインプレッションしています。

だから一般的なバイクメディアが紹介しないような「モノやコト」を紹介したりしてるけど、それこそ面白いんじゃないかって思って記事を作ってます。

こんな人にライターをやってもらいたいです

最近SSのインプレッションがめきめき上達しているrurikoさん

うちではインスタグラムで活躍しているインスタ女子にライターとして活躍してもらったりしています。

ライターとしてのスキルを持っていたわけじゃないけど、経験を積んでもらう事で色々な角度で物事が見れるようになって記事を書くのが上手になってきています。

自分の作品(記事)を生み出すのは楽しい事ばっかりじゃないけど、最大限楽しくなるようにサポートするようにしています。だから経験とかスキルは問いません。でもね、

  • バイクが好きな事
  • 写真を撮るのが好きな事
  • 人に知ってもらいたいって思える事

この三つは絶対に必要な資質。だからこれらが無い人はサポートできません。

学園祭のノリで楽しいをサポートするのが編集部です

僕の目つきの悪さもあって戦場にいそうな感じに。。。

キミの応募を待つ!

MOTOZIPの記事はゆるーーい感じなので正しい「てにをは」の知識とかはいらないけど、素人さんがいきなりキッチリ記事を作るのはまず無理。

なので基本的には一緒に構成案を作って、必要なカットを考えてって感じで進めます。だから記事はあなたが一人で作るんじゃなくて編集部との共同作品って感じです。

逆に沢山の新人ライターを抱えることはできません。応募いただくタイミングもすごく大事になっちゃうけど、それも面白いかなって思ってます。

ライターやってみたいぜ!っていう人には謝礼金の事とか細かい事を説明するので「お問い合わせ」フォームから連絡下さい。その際には自分がメディアを使ってどんな事をやってみたいかを教えてください。

バイク業界を一緒に盛り上げたいぜ!っていうあなたからのご応募をお待ちしております♪

応募が増えてきたので、よくある質問をまとめました

Q:ライターって何を書けばいいのですか?

A:厳しい事をいうようですが「何を書けばいいのか?」と思う人にライターはむいていません。1:自分が知りたい事を調べる。2:その事を人に知ってもらうのがライターの仕事です。編集部はそれをサポートします。

Q:女性じゃないとダメですか?

A:僕意外がSNSで活躍する女性なので、男性はダメですか?という質問が結構あります。そんな事はないです。むしろ男性ライターが欲しいです!

Q:顔だししないと駄目ですか?

A:情報が錯綜するインターネットだからこそ僕は責任を持って発言をして欲しいと思っています。ペンネームでもいいし、プライベートなんて晒す必要ないけれど「この人が書いた記事」っていうのがわかるのを大事にしています。なので基本的に顔だしはしてもらっています。

Q:広報車両は貸してもらえるんですか?

A:これ結構ある質問なんですけど、あなたなら信頼関係が出来る前に愛車を他人に貸したりしますか?しませんよね?編集部との信頼関係を作るのが第一と考えてください。